雨漏りにご注意ください! 東京-防水

雨漏りにご注意ください! 東京-防水

雨漏りにご注意ください! 東京-防水

2021/06/08

雨漏りは、建築物の内部に雨水が侵入して、室内に水滴が落ちたり壁や天井などに雨染みができたりすることをいいます。
雨漏りが起きる原因は、経年劣化、台風、地震などの自然災害、何らかの衝撃による損傷、施工不良、などが考えられます。
特に雨漏りがしやすい代表的な場所を下記5ヶ所ご紹介しますので日頃から注意しておきましょう。
・屋根
屋根からの雨漏りは、屋根材(屋根瓦)や棟板金などの雨仕舞板金、防水シートの劣化から起こる場合があります。
屋根の形状が複雑であるほど雨漏りリスクが高くなり、屋根本体よりも谷どいや棟、軒先など雨水が集中的に流れる場所から雨漏りが起こるケースが多いです。
・屋上
屋上は紫外線などの影響を受けて経年劣化が起こりやすく、ひび割れから雨水が侵入することがあります。他にも、壁と防水層のつなぎ目や排水口の詰まりが雨漏りの原因になります。
屋上部分は勾配がなく雨水が溜まりやすいので、普段から気を付けて、ドレンが詰まらないように掃除をしたり定期的なメンテナンスをするのが大切です。
・ベランダ
ベランダがある住宅では、ベランダの防水層の割れや外壁との取り合い部分、排水口・樋などから雨漏りする可能性があります。
特に排水口や樋は雨水が集中的に流れ込む場所になるので、詰まっていると雨水がベランダに溜まってじわじわと雨漏りを起こすことが多いです。
・外壁
外壁からの雨漏りは意外と多いです。外壁やシーリングにひび割れが起きたり、欠けなどがあると雨漏りの原因になります。
外壁からの雨漏りは防水シートや断熱材などに雨水が染み込むことがあり、被害が見えにくい場合があります。雨染みを発見したときには被害が大きくなっている可能性があるので、早急に対策をとりましょう。
・窓サッシ
窓サッシと外壁の間はシーリング材(コーキング材)で隙間を埋めていますが、このシーリング部分が劣化によりひび割れや剥がれなどが起き、雨水が侵入してしまうことがあります。
また、窓ガラスとサッシの隙間や窓周辺の外壁のひび割れが原因の場合もあるので、しっかりと調査して適切な補修をしましょう。
 
雨漏りを防ぐためには定期的な補修や修繕を惜しまずに行いましょう。後回しにしていると本来かからない費用が発生してきます。
例えば雨漏りによる内装の補修、クロスの張替え、鉄部の錆などが発生します。異常を感じたとき、原因がわからないときは早めに業者に問い合わせをしましょう!
特に梅雨の時期は問い合わせが殺到しますので、その前に対応をお勧めします。

ビルやマンションの修繕工事は、規模が大きくなればなるほど多くの機材や材料を使用することになります。KRHリニューアルにはグループ企業の強固なネットワークがあり、

全体で開発や資材の製造・販売からレンタル、架払、工事発注までの一貫体制を構築し、拡大してまいりました。それによって、質の高い材料を一般価格よりも安く仕入れることができ、大幅なコストダウンを実現できます。

また、グループ内でのスムーズな連携によってスケジュールにも無駄がなく調整し、シンプルで的確な修繕プランを実施できるのも強みです。

自社施工のメリットは施工スピードや品質、安全にも表れます。塗装、防水、足場、タイル、屋根工事といったそれぞれの工事を、全ての工程に精通した現場監督が束ねています。

また社内勉強会や研修をしています。お客様からのご要望がスムーズに伝達され、比較的小さなご要望や不具合には専門工事の枠を超えて柔軟に対応できるのも強みの一つです。

どうすれば資産価値を維持できるか、将来の売却時に利益が出るかという視点に基づいて計画作成をお手伝いいたします。在籍するファイナンシャルプランナーを中心として築き上げた資産価値向上のノウハウにご期待ください。

大規模修繕のコンサルタント兼施工会社として、お客様の大切な資産の今と将来を守るために徹底的にサポートいたします。修繕工事が終了した後にオーナー様や管理組合様が次の10~15年を気持ちよく過ごしていただけるように、

充実した保証をお付けしております。長期に亘る安心保証は、施工技術の高さと現場での細やかな作業に絶対的な自信を持っていることの証拠です。どんな時も頼れる身近なパートナーとして、安心と信頼の強固な絆を築いてまいります。

 

修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!

☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆

現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。

まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。