丁寧な下地補修工事をはじめ東京でご満足いただける大規模修繕をご提案いたします

下地補修工事

丁寧な下地補修工事から始まる高価値のメンテナンス

塗装や防水工事の成功を大きく左右します

下地補修工事とは、塗装、防水、タイル工事などを進めるにあたり、素地面の補修を行うことを指します。クラックや凸凹、欠損、ピンホールなど下地が劣化し、破損しているサインを様々な調査法で探り出し、状況に合わせた工法で補修していきます。鉄筋コンクリート造のマンションやビルという強固な建物でも年月の経過と共に必ず劣化が進みますので、小さな症状が大きなトラブルへと発展する前に補修することは特に大切です。下地の状況を正確に判断するため、熟練の職人が以下のような方法で綿密な調査を行います。

シリコン系

打診調査

浮いている箇所や程度を知るために、タイルやモルタルの表面を専用のハンマーで叩いたり、打診棒を滑らせたりします。長年に亘る経験で異音を聞き分け、要因を素早く判断します。

変成シリコン系

マーキング

打診調査や目視で小さなクラックを見つけた時には、見落とさないよう補修内容別にスプレーでマーキングします。大規模な修繕工事を計画する際には調査報告書を作成します。

劣化の症状に合わせて丁寧に補修いたします

シリコン系

クラック

コンクリートが気温の上下や雨水などで伸縮を繰り返すと、ひび割れが起こります。隙間が0.3mm以下の場合は、ペースト状のポリマーセメントモルタルを注入します。さらに深いクラックや穴は、 U字型に切り取ってシーリング材で埋めたり、エポキシ樹脂を注入したりします。

変成シリコン系

浮き

経年劣化によって表面の塗膜が浮き上がってくる状態です。浮いている箇所の塗膜を大きめに取り除き、プライマー塗装やパテによる補修で下地を整えます。補修後は必要に応じてパターン吹きつけで壁の模様を再現し、周囲の色や質感との違和感がないように仕上げます。

シリコン系

欠損

地震による揺れや、ひび割れが次第に大きくなって鉄筋爆裂のような症状へと発展することにより、モルタルやコンクリートをはじめ建物の部材が欠けることがあります。欠損箇所を部分的に撤去した後に樹脂モルタルで段差が目立たないように成形します。

変成シリコン系

アクリル系

水分がコンクリート内部に浸入することで鉄筋が錆びて膨張し、壁の一部が欠落して錆びた鉄筋が露出した状態になります。被害の大きさによりますが、一般的には爆裂箇所を撤去・清掃した後に鉄筋の錆を取り除き、錆止め塗装の後セメントで埋めます。

シーリングは建物の部材同士を繋ぎ合わせるという役目を持っており、耐久性、柔軟性による強度保持という面で重要な働きをしていることから、リフォームや大規模修繕の際には欠かさずメンテナンスを行う必要があります。建物にとって大敵である雨漏りや漏水を防ぐことは、不動産の資産価値を維持し、将来の売却時に利益を得るために重要です。シーリング工事の実績が豊富なKRHリニューアルは、的確で綿密な調査で劣化のサインを見極め、早めの修繕計画を立てるためにお手伝いいたします。

下地補修工事においてKRHリニューアルが選ばれる理由

下地補修工事の選ばれる4つのポイント

劣化の状況に合わせて補修工事をプランニング

雨漏りでお急ぎの場合は優先的に対応

自社職人による施工で人件費を削減

ビルやマンションの大規模な修繕の実績多数

これまでの施工実績

使命感を持って補修工事にあたっています

都内を中心に多くの方々からご相談やご依頼をいただき、建物の用途や特性、周辺環境に合わせてシーリング工事を実施してきた豊富な経験と実績がありますので、少しの手直しから大規模な修繕まで柔軟に対応可能です。マイホームのリフォームやメンテナンスをご検討中の方、所有マンションの外壁にひび割れを発見されたオーナー様、テナントビルの大規模修繕を依頼できる総合工事店をお探しの管理組合様など、建物の規模を問わず幅広いニーズにお応えいたします。KRHリニューアルが手掛けてきた事例の一部をご紹介いたします。

賃貸マンション

築〇年 〇〇階建て〇〇戸サンプルテキストサンプルテキスト

サンプルテキストテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルサンプルテキストテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルサンプルテキストテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルサンプルテキストテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプル

共同住宅団地

築〇年 〇〇階建て〇〇戸
サンプルテキストサンプルテキスト

サンプルテキストテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルサンプルテキストテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルサンプルテキストテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルサンプルテキストテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプル

よくある下地補修工事の流れだと…

KRHリニューアルの下地補修工事なら

中間マージン不要

中間マージン不要

大幅なコストダウン

大幅なコストダウン

安心安全の自社施工

安心・安全の自社施工

バリューアップ

空室対策

収益改善

リスク管理

コストを抑えて綺麗な下地補修工事ができる理由

工期全体の短縮によるコストの削減

ビルやマンションの大規模修繕においてコストを削減するためには、中間マージンをゼロにしたり、材料の仕入れを工夫したりする企業努力が重要であるとはいえ、情報伝達のスピードアップや、工事全体のスムーズなスケジューリングなどによって工期を短縮することも大切です。KRHリニューアルでは、豊富な経験と実績で培ってきたノウハウに基づくスピード感のある対応により、余分なコストがかからないよう心掛けております。

下地補修工事が必要な雨漏りや劣化のサインを発見された場合、少し先の長期修繕計画にご不安をお感じの場合など、「専門家に助けを求めたい」と思われましたらいつでもご相談ください。専門の職人がすぐにお伺いしてご希望やお悩みをヒアリングし、お見積りやスケジュールの調整、施工、アフターフォローまでを迅速に進めてまいります。

広い視野で適切な予算配分をサポート

大規模な修繕工事を控えているオーナー様や管理組合様は、「本当に上手くいくだろうか」「もっと安くできるのではないだろうか」など、多くのご心配があるに違いありません。前途に立ちはだかる様々な課題を乗り越えられるよう解決方法の選択肢を提示し、二人三脚で実行していくことが、大規模な修繕工事のエキスパートとしての責任であり、挑戦であると考えております。

そのため、外壁塗装や屋根工事、防水工事やタイル工事のベースとなる下地補修工事においても、雨漏りへの緊急対応から長期的な視点での予防保全、建物全体をバランスよく修繕することによるバリューアップまで、それぞれのニーズに合わせて予算配分に無駄が生じないよう提案いたします。自社施工で工事全体をトータルで計画しますので、時間も費用も大きく節約できます。

細かい部分にも手を抜かず高耐久性を実現

下地補修工事では、コンクリートのひび割れや欠損を補修したり、鉄筋の錆びや外壁タイルの剥がれなどを手直ししたりします。万が一、その補修が不十分なまま外壁塗装やタイル工事、防水工事を進めますと、表面的には綺麗に仕上がったとしてもすぐにクラックや欠損が再発し、時間経過と共にさらにダメージが大きくなるため、結果として工事費用がかさむことになります。

KRHリニューアルは、見えない下地の箇所でも決して手を抜かず、建物の寿命をできるだけ延ばすことを第一に考えて施工しますので、美しく仕上がるのはもちろんのこと、耐久性も向上します。できるだけコストを抑えながら、いつまでも資産価値が下がらない強い建物づくりをお手伝いすることをコンセプトとし、今後もあらゆるニーズに柔軟に対応してまいります。

価格満足度98%

コストと品質への好意的なご意見が寄せられています

塗り壁のひび割れ箇所、サイディングの接合部分、キッチンやバスルームといった水回りの防水など、建物を漏水や雨漏りから保護するためにシーリング工事を実施します。水分から建物を徹底的にガードすることを第一に考慮し、確実性の高い施工にこだわりを持っています。それぞれのシーリング材が持つメリット・デメリットに精通し、用途や環境、建材の種類や材質に合わせて選択することにより、防水性能を最大限に発揮できるよう丁寧に作業してまいります。

お客様からは、「雨漏りで慌てていたものの、すぐに駆けつけて処置を施してもらえた」「丁寧に工事を進める様子を見て安心した」「シーリング工事と同時に外壁塗装も提案してもらい、費用を節約できた」など、コストと品質、職人の作業態度などへの好意的なご感想をいただいております。今後も、オーナー様の大切な資産と、そこに暮らす皆様の安心・快適をお守りいたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。