防水工事 ”ウレタン防水 密着工法”とは? 雨漏り-東京

防水工事 ”ウレタン防水 密着工法”とは? 雨漏り-東京

防水工事 ”ウレタン防水 密着工法”とは? 雨漏り-東京

2021/07/02

まず前回の復習にはなりますが、ウレタン防水とは、液体状のウレタン樹脂を複数回塗り重ねることで、防水層を形成させます。
塗膜は化学反応によって徐々に硬化し、ゴム状で弾性のある防水層がつくられます。ウレタン防水は、塗装と同じように液体状の防水材を塗るため、
小面積や複雑な箇所などにも継ぎ目のない連続的な防水層が形成されます。標準耐用年数は10年〜15年といわれています。
 
ウレタン防水の工法は密着工法と密着メッシュ工法、通気緩衝工法と3種類の防水工事があります。
今回は密着工法をご説明します。下地に直接ウレタン防水材を塗り重ねる工法となります。直接下地に塗り重ねるため、下地の影響を受けやすく、下地調整は不可欠です。
下地の調整が不十分な場合、防水層のひび割れや膨れが発生しやすくなります。下地調整が終わりましたら次はプライマーといってのりの役割となる液体を塗ります。
プライマーは塗装部とウレタンの密着の強度を増すために塗ります。ウレタン防水材は2回塗り、2層の防水層をつくり、塗膜の厚みは最低でも2mm以上は必要です。
ウレタン防水自体は紫外線に弱いので、防水性能を維持し、耐久性を向上させるため最後にトップコートを塗り表面をコーティングします。
 
密着工法のメリットは以下のような内容があげられます。
・小面積で複雑な箇所の防水にも施工が可能
・液状なので連続塗膜が形成できる
・比較的施工が短期間で、低コストで抑えられる
・既存防水層の上から塗ることが可能である
 
デメリットとしては防水層にひび割れが発生したり、膨れが発生する場合があり、そこから雨漏りをする可能性があります。
またウレタン防水の工事は、職人の腕次第で仕上がりが異なります。工場で作られた既製品を使うシート防水などと異なり、
ウレタン防水は職人が現場で材料を混ぜて使います。また「何ミリで重ね塗りをする」などと、職人の技術が必要な工法でもあります。
本日は密着工法のご説明をしましたが、次回は通気緩衝工法についてご説明します。
2つの工法の選び方は既存の防水の状態を見て破断しております。
何か気になることやご相談がありましたら、お気軽にご相談ください!

ビルやマンションの修繕工事は、規模が大きくなればなるほど多くの機材や材料を使用することになります。KRHリニューアルにはグループ企業の強固なネットワークがあり、

全体で開発や資材の製造・販売からレンタル、架払、工事発注までの一貫体制を構築し、拡大してまいりました。それによって、質の高い材料を一般価格よりも安く仕入れることができ、コストダウンを実現できます。

また、グループ内でのスムーズな連携によってスケジュールにも無駄がなく調整し、シンプルで的確な修繕プランを実施できるのも強みです。

自社施工のメリットは施工スピードや品質、安全にも表れます。足場、塗装、防水、シーリング、長尺シート工事といったそれぞれの工事を、全ての工程に精通した現場監督が束ねています。

お客様からのご要望がスムーズに伝達され、比較的小さなご要望や不具合には専門工事の枠を超えて柔軟に対応できるのも強みの一つです。

どうすれば資産価値を維持できるか、将来の売却時に利益が出るかという視点に基づいてお手伝いいたします。在籍するファイナンシャルプランナーを中心として築き上げた資産価値向上のノウハウにご期待ください。

大規模修繕のコンサルタント兼施工会社として、お客様の大切な資産の今と将来を守るために徹底的にサポートいたします。修繕工事が終了した後にオーナー様や管理組合様が次の10~15年を気持ちよく過ごしていただけるように、

充実した保証をお付けしております。長期に亘る安心保証は、施工技術の高さと現場での細やかな作業に絶対的な自信を持っていることの証拠です。どんな時も頼れる身近なパートナーとして、安心と信頼の強固な絆を築いてまいります。

 

修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!

☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆

現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。

まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。