塗料の種類② 塗装-屋根

塗料の種類② 塗装-屋根

塗料の種類② 塗装-屋根

2021/04/23

前回外壁用の塗料の説明をしました。
今回は各樹脂の塗料の種類の中ですべて「水性/油性」「1液型/2液型」に分けることができます。
 
【水性塗料と油性(溶剤・弱溶剤)塗料】
水性塗料と油性塗料は、塗装時に使用する「希釈剤(薄め液)」が異なります。水性塗料には水が、油性塗料にはシンナーなどの有機溶剤が用いられます。
長い間、油性のほうが耐久力があるとされ、外壁には「油性(溶剤)塗料」が採用され続けてきました。
しかし、近年シンナーの強い臭いや、引火性、環境への影響を懸念する方も多くいます。
そこで最近は、環境に優しい「水性塗料」や、弱いシンナーを活用して臭いや刺激を抑えた「弱溶剤」という種類の油性塗料の開発が進んでいます。
現在は水性塗料、油性(溶剤・弱溶剤)塗料ともに、長寿命で外装に利用しやすい商品が増えています。
 
【1液型と2液型】
そして水性塗料と油性塗料には、それぞれ「1液型」と「2液型」と、2タイプあります。流通している水性塗料のほとんどは、1液型の製品です。
「1液型」のほうが施工しやすいという特徴があり、一方「2液型」は1液型よりも質が高く、塗れる素材も幅広いという魅力があります。
同じ油性のシリコン塗料であっても、1液型より2液型のほうが塗装箇所を選ばない上、長持ちしやすいということになります。
1液型の塗料であっても2液型と耐久力がほぼ変わらない製品もでてきておりますのでご確認ください。
ご自分で塗装される場合は配合ミスも起きない1液をお勧めします!
 
このように塗装材は非常に種類が多く、年々メーカーの努力により質が進化しております。
ご自身の予算と合わせて適正な種類を選定していきましょう。

ビルやマンションの修繕工事は、規模が大きくなればなるほど多くの機材や材料を使用することになります。KRHリニューアルにはグループ企業の強固なネットワークがあり、

全体で開発や資材の製造・販売からレンタル、架払、工事発注までの一貫体制を構築し、拡大してまいりました。それによって、質の高い材料を一般価格よりも安く仕入れることができ、大幅なコストダウンを実現できます。

また、グループ内でのスムーズな連携によってスケジュールにも無駄がなく調整し、シンプルで的確な修繕プランを実施できるのも強みです。

自社施工のメリットは施工スピードや品質、安全にも表れます。塗装、防水、足場、タイル、屋根工事といったそれぞれの工事を、全ての工程に精通した現場監督が束ねています。

また社内勉強会や研修をしています。お客様からのご要望がスムーズに伝達され、比較的小さなご要望や不具合には専門工事の枠を超えて柔軟に対応できるのも強みの一つです。

どうすれば資産価値を維持できるか、将来の売却時に利益が出るかという視点に基づいて計画作成をお手伝いいたします。在籍するファイナンシャルプランナーを中心として築き上げた資産価値向上のノウハウにご期待ください。

大規模修繕のコンサルタント兼施工会社として、お客様の大切な資産の今と将来を守るために徹底的にサポートいたします。修繕工事が終了した後にオーナー様や管理組合様が次の10~15年を気持ちよく過ごしていただけるように、

充実した保証をお付けしております。長期に亘る安心保証は、施工技術の高さと現場での細やかな作業に絶対的な自信を持っていることの証拠です。どんな時も頼れる身近なパートナーとして、安心と信頼の強固な絆を築いてまいります。

 

修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!

☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆

現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。

まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。