改修用ドレンとは何? 防水-埼玉

改修用ドレンとは何? 防水-埼玉

改修用ドレンとは何? 防水-埼玉

2021/02/17

ドレンとは、防水層と雨樋を繋ぐ素材で、屋上やバルコニーの防水面で受けた雨水を集水し樋へと流す重要な役割があります。
一般的にドレンは鉄製でできてるものが多く、その為劣化すると錆びます。またドレンの中でひび割れしていることもあります。
しかし「改修用ドレン」の素材は3mm程度の厚みがある鉛のプレートと強化ホースで出来ている為、錆びません。またホースで樋まで繋がっているので 
ドレンの中にひび割れがあっても水が浸入することはありません。
 
ドレンの部分には「防水材」+「ドレン」+「雨どい」の3つの素材がジョイントされており、そのドレンが劣化するとその接合部が剥離するため、
防水性能が低下してしまい、雨漏りの原因となるからです。ということはドレンでの不具合が出た場合、雨漏りに直結する可能性が高いと言えます。
実際、雨漏りの調査でこのドレンが原因で雨漏りしていたという現場は少なくありません。
では、このドレンが劣化して漏水の原因になっている場合、どのような補修工事をすればいいのでしょうか。
ドレンの補修方法で一般的なものは既存のドレンの上に、もしくは既存のドレンを撤去し「改修用ドレン」をかぶせてドレンの中のひび割れの部分をそっくりカバーし、
その部分に防水材を塗ることで防水材との密着性を確保し、さらに改修用ドレン内に入った水は強化ホースを通して直接縦樋に流れることで、防水工事の信頼性と耐久性を
合わせ持つことになります。つまり劣化したドレン部分を完全にカバーしてしまうのが「改修用ドレン」の役割になり、防水工事とセットで対応しております。
 
また既存防水層からの雨漏りもこのドレン周辺からが多いのも事実ですので、ドレン周辺部が防水工事にとって大変重要になります。
実際の状況によっては、改修用ドレンを設置する前に周辺の脆弱部の下処理や既存の防水層を撤去してから防水工事をする必要があります。

ビルやマンションの修繕工事は、規模が大きくなればなるほど多くの機材や材料を使用することになります。KRHリニューアルにはグループ企業の強固なネットワークがあり、

全体で開発や資材の製造・販売からレンタル、架払、工事発注までの一貫体制を構築し、拡大してまいりました。それによって、質の高い材料を一般価格よりも安く仕入れることができ、大幅なコストダウンを実現できます。

また、グループ内でのスムーズな連携によってスケジュールにも無駄がなく調整し、シンプルで的確な修繕プランを実施できるのも強みです。

自社施工のメリットは施工スピードや品質、安全にも表れます。塗装、防水、足場、タイル、屋根工事といったそれぞれの工事を、全ての工程に精通した現場監督が束ねています。

また社内勉強会や研修をしています。お客様からのご要望がスムーズに伝達され、比較的小さなご要望や不具合には専門工事の枠を超えて柔軟に対応できるのも強みの一つです。

どうすれば資産価値を維持できるか、将来の売却時に利益が出るかという視点に基づいて計画作成をお手伝いいたします。在籍するファイナンシャルプランナーを中心として築き上げた資産価値向上のノウハウにご期待ください。

大規模修繕のコンサルタント兼施工会社として、お客様の大切な資産の今と将来を守るために徹底的にサポートいたします。修繕工事が終了した後にオーナー様や管理組合様が次の10~15年を気持ちよく過ごしていただけるように、

充実した保証をお付けしております。長期に亘る安心保証は、施工技術の高さと現場での細やかな作業に絶対的な自信を持っていることの証拠です。どんな時も頼れる身近なパートナーとして、安心と信頼の強固な絆を築いてまいります。

 

修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!

☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆

現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。

まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。