木造住宅の寿命はどのくらい? 東京-修繕

木造住宅の寿命はどのくらい? 東京-修繕

木造住宅の寿命はどのくらい? 東京-修繕

2021/04/11

一戸建てに占める木造住宅の割合は90%程度です。住宅を新たに購入する方の大部分が木造住宅を選ばれてます。長いローンを組んで購入するマイホーム、できるだけ長く快適に
暮らしたいものですが、木造住宅の耐久年数はどれくらいで、どんなメンテナンスが必要なのでしょうか。
 
法定耐久年数は木造住宅22年、コンクリート造では47年となっています。
物理的耐用年数は研究によって異なりますが、木造では65年、コンクリート造では約120年持つというデータも出ています。
 
物理的耐用年数だけをとっても、住宅の置かれた状況によって変わってしまいます。一般的によく聞く住宅の寿命が22年、30年だという、この数字は一体何なのでしょう。
木造住宅の耐用年数が22年と言われる理由は、まず、22年という数字は法律で定められた減価償却期間の耐用年数です。税制上決められた期間のため、
現実に建物が使用に耐えるかどうかに即した年数ではありません。
木造住宅の耐用年数が30年と言われる理由はいずれにしろ物理的耐用年数というわけではありません。これは新築から30年ほど経つと、建て替えや住み替えのために
木造住宅を取り壊している人が多いためだと考えられます。
 
一般的に水回りの設備は20~30年が交換目安とも言われています。それらを一斉に取り換えるとなると大金が必要です。さらに壁紙や外壁、屋根のメンテナンスも
していなければ全体的に老朽化した印象になってしまします。木造住宅は、日本の建築物で多く見られる建築様式です。減価償却の計算に用いられる法定耐用年数は22年と
なっていますが、木造住宅の本来の寿命である物理的耐用年数は約80年とも言われています。骨組みや基礎、軸組に使用される木材の耐久性から計算すると約80年、
適切に乾燥が保たれ、木材に腐食の被害がなければ80年以上経っても住むことができるそうです。
中古住宅の場合、この法定耐用年数を超えると価格が下がる傾向にありますが、適切にメンテナンスがなされていれば、そのまま住んでも問題ないでしょう。
10年に1度を目安に建物のメンテナンスをしていれば耐用年数は延びていきます。

ビルやマンションの修繕工事は、規模が大きくなればなるほど多くの機材や材料を使用することになります。KRHリニューアルにはグループ企業の強固なネットワークがあり、

全体で開発や資材の製造・販売からレンタル、架払、工事発注までの一貫体制を構築し、拡大してまいりました。それによって、質の高い材料を一般価格よりも安く仕入れることができ、大幅なコストダウンを実現できます。

また、グループ内でのスムーズな連携によってスケジュールにも無駄がなく調整し、シンプルで的確な修繕プランを実施できるのも強みです。

自社施工のメリットは施工スピードや品質、安全にも表れます。塗装、防水、足場、タイル、屋根工事といったそれぞれの工事を、全ての工程に精通した現場監督が束ねています。

また社内勉強会や研修をしています。お客様からのご要望がスムーズに伝達され、比較的小さなご要望や不具合には専門工事の枠を超えて柔軟に対応できるのも強みの一つです。

どうすれば資産価値を維持できるか、将来の売却時に利益が出るかという視点に基づいて計画作成をお手伝いいたします。在籍するファイナンシャルプランナーを中心として築き上げた資産価値向上のノウハウにご期待ください。

大規模修繕のコンサルタント兼施工会社として、お客様の大切な資産の今と将来を守るために徹底的にサポートいたします。修繕工事が終了した後にオーナー様や管理組合様が次の10~15年を気持ちよく過ごしていただけるように、

充実した保証をお付けしております。長期に亘る安心保証は、施工技術の高さと現場での細やかな作業に絶対的な自信を持っていることの証拠です。どんな時も頼れる身近なパートナーとして、安心と信頼の強固な絆を築いてまいります。

 

修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!

☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆

現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。

まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。