中間マージン0を実現した大規模修繕について東京から多彩な情報を発信いたします

コラム

日々の出来事や職人のつぶやきを発信

2021年02月の記事

浮きとは躯体からタイルなど外壁が浮いて隙間ができていることを言います。目視ではわかりづらいため打診棒で音を確認します。現在のコンクリート打ち放し工法では型枠の精度もよく、不陸調整のための厚…

コンクリートやモルタルの乾燥・収縮または地震などによる挙動のため、経年をへた躯体には大小のひび割れ(クラック)が生じます。ひび割れはモルタル壁だけでなく、ALCやサイディングにも発生します。ひ…

下地補修とは…塗装・防水施工などをするにあたり、素地面の補修工事をすることです。凸凹やひび割れ、欠損や塗膜剥離などを削り取ったり・埋めたりするとても大切な作業になります。ビルやマンションなど…

仮設足場工事とは、建物の塗装など外壁の施工をする際に、手が届かない場所の建設工事を行う前に行われる工事です。建物周辺に足場を組み立てることで作業員が、安全かつ効率的に工事ができるようになり…

仮設足場工事とは、建物の塗装など外壁の施工をする際に、手が届かない場所の建設工事を行う前に行われる工事です。建物周辺に足場を組み立てることで作業員が、安全かつ効率的に工事ができるようになり…

ドレンとは、防水層と雨樋を繋ぐ素材で、屋上やバルコニーの防水面で受けた雨水を集水し樋へと流す重要な役割があります。一般的にドレンは鉄製でできてるものが多く、その為劣化すると錆びます。またド…

通気緩衝工法は既存下地がコンクリートに使用する工法メインです。下地がコンクリートの場合、密着工法で防水工事を行うと、躯体にしみこんでいる水分が蒸発できずに防水層の内部から膨れを発生させてし…

まず前回の復習にはなりますが、ウレタン防水とは、液体状のウレタン樹脂を複数回塗り重ねることで、防水層を形成させます。塗膜は化学反応によって徐々に硬化し、ゴム状で弾性のある防水層がつくられま…

ウレタン防水とは、ベランダや屋上の床に液体状のウレタン樹脂を床面に厚めに塗り拡げて乾燥させ防水膜をつくる、防水工法の一種です。他の工法に比べて施工する床の面積・形状・材質を問わずどんなとこ…

部屋の中に水が垂れてたり、サッシ廻りが濡れてたりしたことありますか。特に梅雨の時期や雨が連日降った時にはたくさんの問い合わせがあります。雨漏りというと、なんとなく天井から水がポタポタ落ちて…

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。